伴幸樹

土木事業部

伴幸樹

勤続年数3年
2014年度入社

角文に寄せられるこの地域の信頼の重さを実感

西三河での地域密着型の企業という定評

西三河での地域密着型の企業という定評

僕は角文の地域密着型であるというところに魅力を感じています。この刈谷を中心とする西三河地域でよく角文のマークを目にしていたので角文という会社については以前から知っていました。大学で就職を意識しだした頃、歴史があってこの地域で長く信頼されている会社だということをしって入社を決意しました。工事が始まる前に地域の方にご挨拶に行くのですが、角文さんなら任せても大丈夫と仰っていただけるし、角文というブランドに対する皆様の信頼のあるおかげでとても仕事がしやすいと思います。その一方では、この信用・信頼を裏切らないようにしなければというプレッシャーも感じます。

長く残るインフラを作る仕事

長く残るインフラを作る仕事

土木事業部では市民の皆様が常日頃使っている道路や橋などを作っています。そんな人の生活の基盤となるものを造りたくて、土木を希望しました。みんなが使うものを作るので、たまたま通りがかったときにここは自分が作ったんだという自慢が出来たりもします。何もなかったところに自分の携わったものが出来て、それが地図に載ったり、末永くたくさんの人の役に立っていくというのは土木の魅力の一つだと思います。

一人でやり切った達成感

一人でやり切った達成感

今までの仕事の中で印象に残っていることはやはり、初めて一人で現場を担当した時のことです。一人で担当するということになると、当然その現場について何もかもすべて把握していなくてはいけないし、全部一人でやらなきゃいけない。それまでは先輩の言うことを聞いていただけだったのですが、自分で考え抜いて、段取りを決めていくのが大変でした。現場の方との関係づくりも一人だと思うようにいかないこともあり大変でした。ですが、迷いながらも完成したときはとても達成感がありました。

人に信頼される仕事をしたい

人に信頼される仕事をしたい

今後の課題としてはそういった一人で担当する現場でも「この人に任せておけば大丈夫」と思って貰えるよう、少しずつでも成長していけたらと思います。段取り良く仕事を進めることが出来たり、判断の難しいところでも冷静に判断出来る決断力を身につけていきたいと思っています。そのためには知識は勿論、経験を積むことが必要です。普段の仕事全てを勉強と思い、一つ一つの仕事に真摯に向き合い、自分の力にしていきたいです。

イベント

エントリー